2014年12月30日

政府、鳥インフルで連携確認 山口県内の発生で【共同通信2014年12月30日】

政府は30日午前、山口県長門市の農場で家禽として今冬3例目となる高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受けて関係閣僚会議を開き、関係各省が連携して対応する方針を確認した。

 会議には菅義偉官房長官や西川公也農相らが出席した。菅官房長官は「全国的な感染拡大も懸念される状況だ」と指摘。「年末年始も緊張感を持ち、今後新たな発生が確認された場合も、万全の対応を取っていきたい」と述べた。

 西川農相は会議終了後、記者団に対し「例年は1月から2月中旬くらいがインフルエンザ発生のピークだが、ことしは早く、非常に心配している」と懸念を表明。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123001001245.html

ttps://archive.today/6xCdz

posted by BNJ at 23:49 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: