2014年12月31日

山口鳥インフル 3万7000羽処分完了【YOMIURI ONLINE2014年12月31日】

 山口県長門市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、県は30日、家畜伝染病予防法に基づき、養鶏場の鶏約3万7000羽の殺処分を終えた。今季、国内の養鶏場での発生は3件目で、農林水産省は同日、疫学調査チームを現地に派遣。環境省も現地で野鳥を調べる。

 県によると、死んだ鶏の遺伝子検査で高病原性ウイルス「H5亜型」が検出され、30日午前1時20分に感染を確認。同時に殺処分に着手した。県や長門市の職員計約500人が、鶏を処分してドラム缶などに密封し、一部を同県山陽小野田市の焼却施設へ運んだ。殺処分は同日午後11時50分に終了した。

 また県は、養鶏場から半径3キロ圏内を鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域に、同3〜10キロ圏内を域外への出荷を禁じる搬出制限区域に設定。発生した養鶏場のほかに、移動制限区域には養鶏場が9か所(飼育数約14万5000羽)、搬出制限区域には同18か所(同約47万4000羽)あるが、異常は確認されていないという。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141231-OYS1T50000.html

ttps://archive.today/HzhWX

posted by BNJ at 22:52 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: