2014年12月31日

鳥インフル、山口と宮崎は同型 農水省が遺伝子解析【共同通信2014年12月31日】

 農林水産省は31日、山口県長門市と宮崎市の養鶏場の鶏から確認された高病原性鳥インフルエンザウイルスを遺伝子解析した結果、宮崎県延岡市の養鶏場の鶏から12月に確認されたのと同じH5N8型と判明したと発表した。同型は2014年に韓国で発生が相次いだほか、11月下旬以降に鹿児島県出水市のツルからも検出されている。

 農水省は引き続き遺伝子を解析し、韓国の型などとの関連を調べる。

 環境省は31日、長門市の発生養鶏場から半径10キロ圏内に設定した野鳥監視重点区域の野鳥の状態などを調べるため、緊急調査チームを派遣した。3日間の調査報告を1月2日に行う。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123101001095.html

ttps://archive.today/AYPll

posted by BNJ at 22:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: