2014年12月26日

タンチョウ全道で617羽/越冬分布調査結果【釧路新聞2014年12月26日】

  釧路総合振興局は25日、2014年度第1回タンチョウ越冬分布調査の結果を発表した。それによると、前年度より16羽多い617羽だった。このうち釧路管内は同47羽多い501羽。調査は5日、釧路、根室、十勝、オホーツクなど道内7管内26市町村222カ所で行われ、小中学生や教育委員会職員ら420人が調査に協力した。7管内のうち、オホーツク、宗谷、日高、胆振管内ではタンチョウは観察されなかった。観察された管内では、釧路管内のほか、根室管内では同33羽少ない23羽、十勝管内では同7羽多い59羽だった。2回目の調査は来年1月26日を予定している。
http://www.news-kushiro.jp/news/20141226/201412265.html

ttps://archive.today/fcjSV

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: