2014年12月30日

トキ 越冬へ餌探し【YOMIURI ONLINE2014年12月30日】

 国の特別天然記念物トキが、佐渡島で烈風や吹雪の中、凍っていない水路などに餌を求めて、懸命に越冬を始めている。

 23日午前7時過ぎ、島中央部の国仲平野。ねぐらの林から次々とトキが餌を求めて飛び立った。農家の協力で、トキが越冬できるように水を張っている田んぼは島内各地にあるが、寒さで凍り、餌は採りにくい。凍らない水路や湧き水のある場所にはザリガニやドジョウなどがいて、トキが集まって餌をあさっている。

 中には繁殖期を示す黒っぽい羽に変色しているトキもいる。毎朝トキの監視を続けている「佐渡とき保護会」副会長の土屋正起さん(64)は「今年は繁殖羽の変色が早いようだ。たくさん餌を食べて、来年に備えてほしいね」と観察していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20141229-OYTNT50159.html

https://archive.today/oFdQB

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: