2015年01月05日

宮崎)ケープペンギン赤ちゃん誕生 鳥インフルを警戒【朝日新聞デジタル2015年1月5日】

 宮崎市のフェニックス自然動物園で、待望のケープペンギンの赤ちゃんが生まれた。開園以来初めて孵化(ふか)に成功した。親鳥に見守られて元気に育っているが、園では鳥インフルエンザへの警戒も強めている。

 2002年から飼育しており、いまは雄5羽、雌2羽がいる。つがいは2ペアいるが、無精卵の場合が多く、産卵しても孵化しなかった。昨年11月初旬に2個の産卵を確認。1個が12月10日に孵化した。(全文はリンク先で)
http://www.asahi.com/articles/ASGDL52D0GDLTNAB00Q.html

ttps://archive.today/VMQwM

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: