2015年01月12日

野生動物が残した跡を探そう 安曇野でアニマル・トラッキング【産経ニュース2015年1月12日】

 林や森の中などに残された野生動物の足跡や食痕(しょくこん)、糞(ふん)などを探しながら歩く「アニマル・トラッキング」が25日午前9時から、安曇野市の烏川渓谷緑地で開催される。

 当日は同市のNPO「野生生物資料情報室」の植松晃岳氏を講師に招く。室内での事前学習の後、緑地内の森の中などを歩きながら、野生動物の足跡や食痕、糞などから、それぞれの動物の生態を植松氏に解説してもらい、野鳥をはじめとした野生動物の観察を行う。積雪の状況によっては、靴に装着して雪上を歩く道具「スノーシュー」を使用する(貸し出し希望者は受付時に申し込む)。

 参加無料。対象は小学校高学年以上。先着順で定員25人。

 申し込み・問い合わせは同緑地管理事務所(電)0263・73・0203。
http://www.sankei.com/region/news/150112/rgn1501120009-n1.html

ttps://archive.today/Xaclp

posted by BNJ at 15:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: