2015年01月12日

エサ取り合戦:激、冬の生存競争 キンクロハジロ、ハシビロガモ、カルガモなど−−所沢・貯水池 /埼玉【毎日新聞2015年1月12日】

 所沢市松が丘の貯水池に晩秋から冬鳥「キンクロハジロ」約60羽が居ついている。ハシビロガモやカルガモなどと激しいエサ取り合戦を展開、新春からたくましい野生の姿を見せている。

 同池は住宅街に囲まれているが、近くには八国山と柳瀬川があるため、秋以降になるとキンクロハジロやホシハジロなど数種類の越冬カモが飛来。珍しいアカハシハジロの目撃情報もあるなど「カモコロニー」を形成する。

 数種類合わせて100羽近くのカモは、池周囲を散歩する住民らがパン切れなどを放り込むと水しぶきをあげて群がり、冬の生存競争を繰り広げている。【海老名富夫】
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20150112ddlk11040140000c.html

ttps://archive.today/N2VP3

posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: