2015年01月13日

栃木)カラスの生態知って付き合い方学ぶ 22日講演会【朝日新聞デジタル2015年1月13日】

 生ゴミを食い散らかしたり、農作物を荒らしたりと困った行動を取るカラス。その知られざる生態を知って、うまく付き合う方法を学ぼうという環境講演会が22日、栃木市惣社町の国府公民館で開かれる。誰でも入場でき、定員100人。無料。

 長いタイトルで、「カラスを知り、己を知れば、百戦危うからず!?カラスの知的行動と知られざる生態」。「カラス博士」の異名を持ち「カラスとかしこく付き合う法」など多数の著書がある杉田昭栄宇都宮大農学部長が講師。

 カラスは考えているのか、数をかぞえたり、道具を使ったりといった学習能力はあるのか、人の顔を見分けられるのかなど杉田教授が解き明かした謎について解説。教授の監修で、色が黄色でカラスが苦手なカプサイシンを入れたゴミネットなども発売されており、カラスを寄せ付けない対策についても話す予定。(全文はリンク先で)

posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: