2015年01月17日

ガチョウとアヒル 静内川河口で羽を休める【新ひだか】【北海道ニュースリンク2015年1月17日】

 新ひだか町の静内川河口で羽の白いガチョウとマガモ系アヒルが確認され、日高鳥類研究所を主宰する谷岡隆さん(66)=静内中野町2=が写真に収めた。2羽とも飼育による家禽(かきん)化している鳥で、谷岡さんは「遠距離飛行は得意ではない鳥たちで、なぜ静内川に来たのか」と不思議がっている。

 谷岡さんの知り合いの男性からの連絡で、13日に撮影した。2羽は年前からいたという情報もあり、羽を休め寄り添いながら水草を引きちぎるように豪快に食べているという。

 ガチョウは平成11年と翌年に静内川に1羽ずつの飛来が確認されているハクガンに似ていたが、調べたところ、ハイイロガンを原種とするヨーロッパ系種のガチョウと判明。マガモ系アヒルは種類も多く、国内でも多く飼育されている家禽だ。

 谷岡さんは「どこから来たのか分からないが、同じ場所で飼育されていたのが逃げたか、持ち主が放した可能性もある」と話している。
http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=24072

ttps://archive.today/32FXy

posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: