2015年01月18日

トキ保護に尽力 佐藤春雄さんしのぶ会【YOMIURI ONLINE2015年1月18日】

 トキの保護活動に尽力し、昨年12月に95歳で亡くなった元佐渡とき保護会会長の佐藤春雄さんをしのぶ対談会が16日夜、佐渡市新穂潟上のトキ交流会館で開かれた。佐藤さんに教えを受けた同会副会長の土屋正起さん(64)と日本野鳥の会佐渡支部会員の近藤敬一さん(59)が思い出を語らい、約30人の市民が耳を傾けた。

 NPO法人トキどき応援団が主催。2人は佐藤さんの生前の写真をスライドで披露しながら、当時を懐かしんだ。

 佐藤さんが顧問をしていた両津高校野鳥部で部長を務めた土屋さんは、その後も長年指導を受け、「トキだけでなく佐渡島の歴史や文化など『何にでも興味を持て』と教わった」と振り返った。

 近藤さんは、野生のトキが1970年代後半に5羽に激減し、「もう絶滅すると思ったが、佐藤先生から『希望を捨ててはいけない』と叱られた」と回想。佐藤さんの執念で、130羽を超えるトキが島内に舞う「ありがたい時代になった」と感慨深そうに語った。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150117-OYTNT50119.html

ttps://archive.today/7giEE

posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: