2015年01月21日

(美博ピックアップ)博物画の鬼才 小林重三の世界 町田市立博物館【朝日新聞デジタル2015年1月21日】(タゲリ他)

 大正から昭和にかけて活躍した鳥類画家・小林重三(しげかず)(1887〜1975)。60年余りにわたり日本の代表的な鳥類図鑑や専門書から、カレンダー、教科書、ポスター、雑誌などに多くの鳥や動物の絵を描き続けた。初公開を含む絵やスケッチなど約180点と関連資料で、小林の博物画の魅力が堪能できる。(全文はリンク先で)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11562969.html

ttps://archive.today/hI2Qn

posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: