2015年01月27日

やんばるで羽休め 運天原漁港にクロツラヘラサギ【沖縄タイムス+2015年1月27日】

【名護】絶滅危惧種のクロツラヘラサギ(トキ科)が21日、市屋我地の運天原漁港で3羽確認された。北部での越冬例はこれまでないという。

 昨年の12月27日に1羽の飛来が確認されていたが、今月21日に同漁港のいけすで3羽が羽を休めているのが見られた。沖縄野鳥の会(山城正邦会長)が18、19の両日、南部と沖縄市で30羽を調査しており、屋我地の3羽を合わせて県内で計33羽が確認された。

 屋我地鳥獣保護区の渡久地豊管理員は「かつては世界で千羽まで減ったが、今は3千羽まで回復した希少種」と述べ、飛来を歓迎した。(玉城学通信員)(写真はリンク先で)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=100311

ttps://archive.today/G8xET

posted by BNJ at 11:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: