2015年02月06日

「帽子好き」のフクロウにご注意、オレゴン州で被害相次ぐ【ロイター.co.jp2015年2月6日】

[ポートランド(米オレゴン州) 5日 ロイター] - 米オレゴン州当局は、州都セーラムのジョギング愛好家らに対して、「帽子好き」のフクロウに注意するよう、呼び掛けている。セーラムではここ1カ月ほど間に、少なくとも4人が被害にあっている、という。

重傷を負った人はいないもようだ。被害者の1人であるブラッド・ヒリアードさん(36)は、ロイターに対して「フクロウがいきなり降下してきて、僕の頭から帽子を奪ったんだ」とその時の模様を語った。

野鳥保護に取り組むオーデュボン協会によると、「犯人」はアメリカフクロウと見られ、悪さをしているのは今までのところ1羽という。

ヒリアードさんは、帽子を探しに何度か現場を訪れたが、帽子は見つかっていない。「きっと営巣に使われたのだろう」とあきらめ顔だ。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0LA0AP20150206

ttps://archive.today/geFf5

posted by BNJ at 17:54 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: