2015年02月06日

卒業記念、シャッターに彩り 八代工高生9人【くまにちコム2015年2月6日】

 八代市の八代工業高3年生が卒業記念作品として同市黄金町のタイヤ販売店のシャッター(縦3メートル、横12メートル)に5カ月がかりで壁画を描いた。市鳥のカワセミが飛ぶ姿などが色鮮やかに描かれており、前を通る人の目を楽しませている。

 壁画は元市長で「タイヤ館やつしろ」社長の福島和敏さんが、殺風景なシャッターの活用を同校に提案したのがきっかけ。塗料代などは店側で負担した。

 生徒はインテリア科グラフィックデザイン班の9人。9月から授業の一部や放課後を使って仕上げた。同高の学科数と同じ7つのハートマークを隠し絵として盛り込んだ。

 店は通行量の多い国道3号の交差点で、班長の山根孝介君(18)は「目立つ場所に大作を残せてうれしい。通る度に高校時代を思い出し、元気が出そう」と完成した壁画に目を細めていた。

 営業中(午前9時〜午後7時)は作品が見えないため、店は閉店後の午後10時までライトアップする。(上田良志)
http://kumanichi.com/news/local/main/20150205005.xhtml

ttps://archive.today/73wxO

posted by BNJ at 23:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: