2015年02月06日

コクチョウのひなすくすく 松江フォーゲルパーク【山陰中央新報2015年2月6日】

 松江フォーゲルパーク(島根県松江市大垣町)で、コクチョウのひな2羽がすくすく育ち、親鳥にくっついて泳ぐなど愛くるしい姿で来園者の人気を集めている。

 ひなは昨年12月24日に誕生。生まれた時の体長は約20センチだったが、現在は40〜50センチほどに成長した。

 成鳥は真っ黒な羽に赤いくちばしが特徴なのに対し、ひなは灰色の毛に黒いくちばし。羽繕いに夢中になっている間に親の姿が見えなくなるとピーッと大きな鳴き声で呼んだり、親と並んで泳いだりしている。

 飼育員の吉川智子さん(55)は「これから産毛が徐々に生え替わり、体も一気に成長する。今がかわいい時期」と話し、来園を呼び掛けている。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=550607004

ttps://archive.today/IRo0r

posted by BNJ at 23:52 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: