2015年02月16日

コウノトリ1羽が五島市に飛来 大陸からか [長崎県]【西日本新聞2015年2月16日】

 国の特別天然記念物に指定されているコウノトリが1羽、長崎県五島市岐宿(きしく)町に飛来し、畑などで餌をついばむ姿を住民が優しく見守っている。
 コウノトリは1971年、国内最後の野生種が絶滅したとされ、現在、兵庫県などで人工飼育や放鳥が行われている。長崎県西海市の動植物園「長崎バイオパーク」によると、五島市に飛来したものには、放鳥されたことを示す足輪が付いていないため、大陸から飛来した野生種とみられる。
 同町の田端キヌ子さん(77)は「1月下旬ごろに姿に気付きました。島内を幸せいっぱいにしてほしいですね」と笑顔で話した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/145995

ttps://archive.today/eaV4s
コウノトリ:五島に飛来 確認20年ぶり 野生の個体、越冬か /長崎【毎日新聞2015年2月19日】

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: