2015年02月20日

島根)松江フォーゲルパーク、市が取得へ 8100万円【朝日新聞デジタル2015年2月20日】(花鳥園/他1ソース)

松江市が、花鳥園「松江フォーゲルパーク」(大垣町)を8100万円で取得することを決めた。運営する「カモ」(静岡県掛川市)が撤退を申し出たためで、一畑電鉄などの共同企業体に貸し出し、運営を続けるという。

 取得費は、18日に発表した2014年度一般会計補正予算案に計上する。

 フォーゲルパークは01年に開園。市によると、市有地に「カモ」が植物園を建てて運営。市も鳥を飼育する温室を建設し、06年度以降、指定管理者として「カモ」に運営を委託していた。「カモ」はグループ会社が経営難のため、今回、撤退を決めたという。

 市は取得後、一畑電鉄に年1700万円程度で貸し出し、一畑電鉄は4月から、指定管理者として運営を引き継ぐ。

 15年度は市が約1億3900万円の指定管理料を支払い、職員約50人も引き続き雇用される予定。入園料は変更しないという。(宮野拓也)
http://www.asahi.com/articles/ASH2M4FHBH2MPTIB00C.html

ttps://archive.today/T4Iya
松江フォーゲルパーク、一畑が指定管理者へ【山陰中央新報2015年2月17日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: