2015年02月27日

ムクドリ撃退作戦、第2弾はロケット花火【YOMIURI ONLINE2015年2月27日】

 長野市上千歳町の鍋屋田小学校で26日、信州大の中村浩志名誉教授(鳥類生態学)らによるムクドリ撃退作戦の第2弾が行われた。

 午後6時過ぎ、ムクドリがねぐらにする校庭のヒマラヤスギに向けロケット花火4発をあげた。ヒマラヤスギにとまるムクドリはなく、中村名誉教授は一応の成果を強調。そのうえで「完全にこの場は危険だとムクドリが知るまでは、継続した対策が必要」とし、28日まで撃退作戦を続ける考えを示した。

 中村名誉教授は24日、フクロウやタカなどの天敵の剥製を使ったり、鳴き声をスピーカーで流したりする第1弾を実施。ヒマラヤスギに止まるムクドリは減ったが、同日夜から近隣の電線や木々にとまるムクドリが見られるようになったため、第2弾では電線などの近くで爆竹を鳴らした。

ムクドリ撃退のため使用したロケット花火(26日午後6時、長野市上千歳町で)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20150227-OYT1T50047.html

ttps://archive.today/Rvq7v
ムクドリ撃退 天敵剥製で【YOMIURI ONLINE2015年2月25日】(信州大学/中村浩志名誉教授)

posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: