2015年02月28日

鹿児島でカモ大量死、農薬原因か 基準の860倍【産経WEST2015年2月28日】(他1ソース)

 鹿児島県は27日、同県出水市のツルのねぐらなどでマガモやオナガガモ83羽が死んだり衰弱したりした状態で見つかったと発表した。うち7羽を検査したところ、消化器官に残されたコメから高濃度の農薬が検出された。

 県によると、検出された農薬は稲作には使われない。意図的にねぐら周辺に農薬がまかれた形跡もなかった。濃度は基準値の860倍。県は、カモが何らかの原因で農薬が付着したコメを食べたとみている。

 83羽はいずれも21日朝、干拓地にあるねぐらやその周辺で発見された。出水市は国内最大のツル越冬地で、昨年11月以降、鳥インフルエンザに感染したツルやマガモが確認された。今回死亡したカモも感染の有無を調べるため検査。大量死だったため、国立環境研究所(茨城県つくば市)や鹿児島県環境保護センターで調べていた。
http://www.sankei.com/west/news/150228/wst1502280016-n1.html

ttps://archive.today/W7LSn
出水平野でカモ大量死 一部から薬物検出
 出水市の出水平野で21日に83羽のカモが死骸や衰弱した状態で見つかり、県は27日、一部死骸の抽出検査の結果、消化器官の内容物から殺虫剤や農薬に使われる薬物を検出したと発表した。故意に薬物を散布した可能性もあり、県警にも報告した。

 発表によると、83羽はマガモ81羽とオナガガモ2羽。鳥インフルエンザの警戒パトロールをしていた監視員が、水田など3か所でまとまって死んだり、弱ったりしているのを見つけた。

 県はうち7羽から消化器官内に残っていたコメなどの内容物を取り出し、混ぜて検査したところ、殺虫剤や農薬に使われるダイアジノンとマラチオンが検出された。国も3羽の死骸を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/local/kagoshima/20150228-OYS1T50020.html

ttps://archive.today/uNFiV

posted by BNJ at 22:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: