2015年03月04日

知床の海にオオワシ飛来【産経フォト2015年3月4日】

北海道・知床の羅臼町沖に飛来した国の天然記念物オオワシ(左)とオジロワシ(右)=4日
 北海道・知床の羅臼町沖に飛来した国の天然記念物オオワシ(上)とオジロワシ(その下)=4日
 世界自然遺産の北海道・知床の羅臼町沖に国の天然記念物オオワシが越冬のため飛来している。黒褐色の大きな羽を広げ滑空する雄姿をカメラに収めようと、観光客がクルーズ船で訪れている。

 4日午前、船は羅臼港を出発し、氷塊が浮かぶ海へ。乗組員が氷の上にスケトウダラをまくと、オオワシや、同様に天然記念物のオジロワシ計約50羽が集まり、争奪戦を繰り広げた。オオワシは広げると2メートル以上にもなる羽でおこぼれにあずかろうとするカラスを追い払い、鮮やかな黄色のくちばしで魚をくわえると飛び去った。

 訪れるのは2回目という静岡市清水区の大学生駒形涼さん(20)は「オオワシとオジロワシが間近で見られるのは羅臼だけ。餌を取り合う姿がかっこよくて好き」と感激していた。

 オオワシは毎年11月ごろロシア極東から南下し、4月ごろには繁殖のため北に帰る。
http://www.sankei.com/photo/story/news/150304/sty1503040017-n1.html

ttps://archive.today/G27MP

タグ:オオワシ
posted by BNJ at 23:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: