2015年03月08日

幼鳥「マックス」元気に飛び立つ【八重山毎日新聞2015年3月8日】(カンムリワシ)

保護は昨年10月に次いで二度目
元気になって放鳥されるカンムリワシの「マックス」=6日午前、石垣市野底のサトウキビ畑
 2月16日に石垣市野底で、サトウキビ畑の周囲に張られた有害鳥獣の侵入防止ネットに絡まっていたカンムリワシの幼鳥「マックス」が6日午前、保護されたほ場近くで放鳥された。
 マックスは昨年10月に民家の車庫内で、暴風ネットに引っ掛かっているところを保護され、同月に国立天文台VERA石垣島観測所付近で放鳥されている。左足に装着された「M」のカラーリングで判明した。
 マックスは放鳥後すぐ飛び立ち、しばらくサトウキビにとまったあと、力強く羽ばたいていった。
 環境省石垣自然保護官事務所の原口梨沙保護官は「体重700グラムを目安に放鳥している。リハビリゲージで飛び方をチェックした。回復は十分」と話した。
 前回もマックスを放鳥したボランティアの渡久山恵さんは「3回目は(放鳥)したくない。発見が遅かったら死んでいた。無傷で放鳥できたのでよかった」と安堵(あんど)の表情をみせた。
 同事務所によると、今年に入って保護・収容されたカンムリワシは5羽。今回放鳥された個体以外に交通事故で1羽死亡、原因不明の死亡1羽、衰弱による救護は2羽で、1羽は放鳥済み、1羽はリハビリ中という。
http://www.kyodoshi.com/news/12626/

ttps://archive.today/dK2rB

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: