2015年03月12日

第10回 写真家の優れたデザイン感覚【ナショナルジオグラフィック日本版2015年3月12日】(極楽鳥)

「極楽の鳥」(ティム・レイマン、2010年)
 一見、何の写真かわからないかもしれませんが、これはニューギニア島にすむ「極楽鳥」と呼ばれる鳥のしっぽです。体を逆さまにして、針金のような飾りをアピールしながら求愛のダンスを行い、交尾相手を誘っています。ウルトラマリン色の脚と真紅の羽、緑に輝く尾のコントラストが見事です。

 それにしても、こんな構図を切り取るとは、写真家ティム・レイマンの優れたデザイン感覚には驚かされます。デジタル写真が登場してから、構図や色調を大胆に修正できるようになりました。しかし、この写真のように自然のありのままの姿をとらえ、芸術的な作品に仕立てられるかどうかは、写真家の本当の力量が問われるところです。
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150205/434488/

写真はリンク先で御覧ください。
ttps://archive.today/rPyrl

posted by BNJ at 13:45 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: