2015年03月18日

米アイダホ州で渡り鳥2000羽落下、鳥類コレラ感染か【ロイター2015年3月18日】(ハクガン)

[サーモン(米アイダホ州) 16日 ロイター] - 米アイダホ州で、水鳥のハクガン2000羽以上が、渡りの途中で水辺や野生動物保護区に落下しているのが発見された。州の野生動物当局が16日に発表した。

死因は検証中だが、当局の広報担当者は、落下の様子から鳥類コレラと考えられると述べた。

人への感染リスクは小さいが、鳥類コレラ菌は水中や土中で最大4カ月存続することから、感染個体と接触した野生動物に影響が出る恐れがあるという。

ハクガンは、米州南西部やメキシコで冬を過ごし、繁殖のためアラスカ、カナダ、グリーンランドの北部沿岸やシベリアに渡る。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0ME0NO20150318

ttps://archive.today/fi0wv

タグ:ハクガン
posted by BNJ at 20:50 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: