2015年03月21日

ハクチョウ北帰行 猪苗代湖 例年よりやや遅め【福島民報2015年3月21日】

 猪苗代町の猪苗代湖北岸で冬を過ごしたハクチョウが北帰行への準備を始めた。暖かな日が続けば、2、3日中にも北帰行が始まる見通し。
 長年、猪苗代湖のハクチョウ観察を続けている猪苗代湖の自然を守る会代表の鬼多見賢さん(68)によると、今月中旬の雪の影響などもあり、北帰行は例年よりやや遅くなった。今冬は約2500羽が猪苗代湖で越冬したという。
 猪苗代湖よりも南下していたハクチョウは北帰行を開始しているとみられ、猪苗代湖のハクチョウは4月中旬にかけて、ほとんどが猪苗代湖を旅立つ。

( 2015/03/21 08:53 カテゴリー:今日の撮れたて )
https://www.minpo.jp/news/detail/2015032121656

ttps://archive.today/ASBMe

posted by BNJ at 21:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: