2015年03月23日

3市が合併10周年で式典【YOMIURI ONLINE2015年3月23日】(湯沢市/市の鳥/ヤマドリ)

◆由利本荘、湯沢、大仙

 由利本荘、湯沢、大仙3市の合併10周年記念式典が22日、それぞれ開かれた。平成の大合併で、県内では2004年11月から06年3月まで合併が相次ぎ、15市町が新たに誕生した。05年3月22日には3市のほか、男鹿、潟上、北秋田も合併し、6市が新しいスタートを切った。

 本荘市など1市7町が合併して誕生した由利本荘市の式典は、同市東町の市文化交流館カダーレで開かれ市民約800人が出席した。長谷部誠市長が「次の10年に向かって市民一丸、新しい歴史を切り開いていこう」と式辞を述べた。

 市出身で映像コンテンツ制作・配給会社「東北新社」(東京)創業者の植村伴次郎氏(85)が2人目の名誉市民に顕彰され、由利高原鉄道の前郷駅に長年、生け花を飾ってきた菊地容子さん(81)ら4個人、13団体が善行者として表彰された。

 4市町村が合併し新湯沢市として発足した湯沢市の式典は湯沢文化会館で行われ、市民ら約300人が出席した。斉藤光喜市長が「市民に愛してもらえる湯沢市となるよう、判断を誤ることなく、市制の推進を図りたい」とあいさつした。市の発展に尽くした15人、3団体が表彰され、昨秋に公募した市の花にサクラ、市の木にケヤキ、市の鳥にヤマドリが決まったことが発表された。

 大仙市でも式典を開催し、新たな市のマスコットキャラクターとして、花火玉をイメージした「まるびちゃん」がお披露目された。

 北秋田市は昨年秋に、男鹿市は3月21日にそれぞれ記念式典を開催した。潟上市は、4月29日に市庁舎の完成に合わせて記念式典を開く予定。
http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/news/20150322-OYTNT50170.html

ttps://archive.today/6GDAh

posted by BNJ at 22:34 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: