2015年03月30日

トキガイド 認定試験【YOMIURI ONLINE2015年3月30日】

 国の特別天然記念物トキのガイドなどを認定する検定試験が29日、佐渡市新穂潟上のトキ交流会館で行われた。48人が受験し、なかには3世代の家族もいて熱心に問題に取り組んでいた。

 検定試験は2007年から始まり、現在約80人のトキガイドがいる。全10回の養成講座を7回以上受講して、試験で6割以上正解すると、トキガイドとして認定される。8割以上の正解で「トキ博士」の認定証とピンバッジが市から贈られる。

 母、祖母と3世代で試験を受けた市立行谷小6年の宮崎瑞朋みずほさん(12)は「英語が難しかった」と振り返った。母親の貴久子さん(42)と祖母の文代さん(72)は「3人とも初めての試験。3人ともトキ博士になれるよう、今回は無理だとしても来年もがんばりたい」と笑顔で語っていた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150329-OYTNT50082.html

ttps://archive.today/bX14g

posted by BNJ at 20:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: