2015年03月31日

野生のトキ 13組で抱卵を確認(新潟県)【NNNニュース2015年3月31日】

 佐渡の野生のトキについて、環境省は、31日までに15組のペアが巣を作り、そのうち13組が卵を温めていると発表した。

 今月30日に佐渡市内で撮影された映像では、卵を温めるトキの様子が見られる。卵を温めているのは、野生下で生まれた足環のないオスと、5歳のメスのペアだ。このペアは今月上旬からいっしょに行動しているところが確認されていたが、30日、環境省の職員が卵を温めている姿を初めて確認した。
 現在、野生下には約140羽のトキがいるが、31日までに15組が巣を作り、そのうち13組が卵を温めている。佐渡自然保護官事務所の広野行男・首席自然保護官は、「繁殖は例年通りのペースで進んでいる」として、繁殖への期待感を示している。
http://news24.jp/nnn/news8828222.html

ttps://archive.today/Qr0gg

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: