2015年04月05日

ぐるっと秋田:野鳥観察舎が新装 大潟草原鳥獣保護区 /秋田【毎日新聞2015年4月5日】(オオセッカ/ハクガン)

 大潟草原鳥獣保護区で、数多くの希少な野鳥を観察できる管理棟の一般開放が4日始まった。今年で2年目。「大潟草原野鳥観察舎」と名称を変えたリニューアルオープン(新装開館)となる。

 保護区は大潟村西部の湿原で面積は約135ヘクタール。国内希少野生動植物種(環境省選定)のオオセッカが繁殖しているとして、1977年に国が保護区に指定した。環境省の出先の秋田自然保護官事務所によるとコジュリンやチュウヒ、ハクガンなど約120種の野鳥が観察できるという。

 観察舎は2階建てで、2階には保護区を360度ぐるっと見渡せる観察室がある。望遠鏡を8台設置。野鳥の写真80枚も並んでいる。

 観察舎は元々、オオセッカの保護と繁殖のための調査拠点として94年に保護区中心部に設けられた。野鳥観察にも活用してもらおうと、2014年に春季から秋季にかけての一般開放を始めた。休日のみ利用できる。

 開館は4〜12月の土日祝日午前9時〜午後3時。入館無料。問い合わせは秋田自然保護官事務所(電話018・867・8588)。【池田一生】
http://mainichi.jp/area/akita/news/20150405ddlk05040024000c.html

ttps://archive.today/Bbbg5

posted by BNJ at 12:51 | Comment(2) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の6月野鳥の会で観察舎にお世話になったものです。そのおり、大潟草原鳥獣保護区特別保護地区イラストマップ春バージョンマップを見たのです。写真の資料をまとめているのですが、ぜひその春バージョンのマップを参考に入手したいのです。何か方法がありましたら教えていただけますでしょうか。メールで入手できたらありがたいのですが。宜しくお願いします。
Posted by 中澤徳郎 at 2017年08月23日 16:23
ありがとうございます。解決したようでよかったです。
なにかございましたらご連絡ください。

BirdNewsJapan管理人
Posted by BNJ at 2017年08月27日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: