2015年04月10日

油壺マリンパーク ペンギンの生態を知る 飼育30年の特別展【タウンニュース2015年4月10日】

30年間飼育されているキタイワトビペンギンの白(写真左)
 京急油壺マリンパークでは、キタイワトビペンギンの飼育30周年を記念した特別展「キタイワトビペンギン展」を行っている。今年9月3日(木)まで。

 同館は1985年に同種の野生個体を導入し、87年に初めて繁殖に成功。以来、30年間、繁殖と保護を続けている。

 館内では生態や身体の仕組みを学ぶ展示コーナーが設けられ、飼育の歴史や取り組みを紹介している。そのほかにも、ぬいぐるみを使って大きさや重さを体感したり、巣内のペンギンの様子が見られるリアルタイム映像を放映する。

 営業時間は午前9時から午後5時(5月3日(土)から5日(月)は午前8時から午後6時まで)。大人1700円・中学生1300円・小学生850円・幼児(3歳以上)450円。

 詳細は京急油壺マリンパーク【電話】046・880・0152
http://www.townnews.co.jp/0502/2015/04/10/279181.html

ttps://archive.today/nbjXT

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: