2015年04月16日

愛らしく「ぴよぴよ」【YOMIURI ONLINE2015年4月16日】(秋田三鶏/比内鶏/金八鶏/声良鶏)

孵化したばかりのヒヨコ。黄色が比内鶏、黒と白のまだらが金八鶏
 大館市釈迦内の「秋田三鶏さんけい記念館」で、今季のひなが孵化ふかし始めた。15日昼過ぎで170羽が誕生し、愛らしい姿を見せている。

 記念館は、国天然記念物の「比内鶏ひないどり」と「声良鶏こえよしどり」、県天然記念物「金八鶏きんぱどり」の原種保存と展示を行う施設。県声良鶏・比内鶏・金八鶏保存会の市内外の会員が、それぞれ展覧会出品用に育てる卵を持ち寄り、孵卵器に入れてあった。今回孵化したヒヨコは育すう室で温度管理しながら育て、約1か月後に会員に返す。5月下旬まで計3回の孵化を予定している。

 記念館の見学は無料(月曜休館)。「ぴよぴよ」とかまびすしいヒヨコの姿がガラス越しに楽しめる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/news/20150415-OYTNT50288.html

ttps://archive.today/KFIz3

posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: