2015年04月18日

東北電力とカラスが知恵比べ 電柱の巣、撤去しても別の場所に【さきがけonTdheWeb2015年4月18日】

電柱に作られたカラスの巣。針金などが含まれていると、停電を引き起こす恐れがある=今月10日、秋田市雄和
 繁殖を控えたカラスが盛んに巣作りをする中、東北電力秋田支店は、電柱に作られた巣の撤去作業に追われている。巣には針金や湿った枝が含まれており、見過ごすと停電を引き起こしかねないためだ。ただ、カラスもすぐに巣を作り直して必死に抵抗し、いたちごっこの状況が続く。同支店は「停電は日常生活に大きな影響を及ぼす。巣を見つけたらすぐに知らせてほしい」と呼び掛けている。

 同支店によると、カラスが電柱に作った巣が原因となった停電は昨年、秋田県内で8件発生。3〜6月に大館市や三種町などの計5533戸に影響が出た。

 こうした事態を受け、同支店は3月から電柱のパトロールを強化。巣を見つけ次第、高所作業車を使って撤去している。巣の中に卵やひなを確認した場合は、巣立ちを待ってから巣を取り除いているという。昨年は全県で1630個の巣を撤去した。

 新たに巣が作られるのを防ぐため、同支店は巣があった場所に小さな風車を取り付けたり、プラスチック製の剣山を置いたりしてカラスが寄り付かないよう対策を講じている。だが、すぐ近くの電柱に場所を変えて巣作りをするカラスもおり、人間とカラスの“知恵比べ”が繰り返されている。
http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20140417h

ttps://archive.today/jroDR
カラス営巣時期 電力会社には憂鬱な春【デーリー東北2015年4月18日】

タグ:カラス一般
posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: