2015年04月18日

2年連続!ウ、ウ、産まれた! 京都・宇治川鵜飼のウミウ産卵【京都新聞2015年4月18日】(他1ソース)

年に続き、今年も生まれたウミウの卵を持つ澤木鵜匠ら(宇治市宇治)=同市観光協会提供
 京都府宇治市の宇治市観光協会は17日、「宇治川の鵜飼」のウミウのつがいが卵1個を産んだと発表した。同協会は昨年、全国で例のないウミウのひなの人工ふ化に成功しており、産卵は2年連続となる。

 同日午前10時すぎ、澤木万理子鵜匠(41)が府立宇治公園(同市宇治)にある鵜小屋内で卵を見つけ、温度を約37度に保ったふ卵器に移した。約20日後の5月上旬ごろに有精卵かどうか検査する。

 産卵したのは昨年初めて卵を産んだ鵜と同じつがいで、ともに2006年ごろから飼育している。鵜匠たちは今春、鵜にわらを与えたり、餌の量を調整したりして昨年と同じ環境を整え、「産活」をサポートしてきた。

 ひなのふ化と子育てを経験した澤木鵜匠は「今年は複数のひなを育てたい。手綱を使わない『放ち鵜飼』の夢に一歩ずつ近づいている」と喜んでいた。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150418000015

鵜 今年も産卵/宇治【YOMIURI ONLINE2015年4月18日】
 宇治市の夏の風物詩「宇治川の鵜う飼い」のために市観光協会が飼育している鵜の卵が17日、確認された。昨年に続く産卵で、鵜匠の沢木万理子さん(41)は「今年も人工孵化ふかを成功させたい」と話している。

 同協会が昨年の経験を生かし、冬場は餌の量を通常の半分程度に減らし、その後、カロリーの高い餌を多めに与えたところ、3月になって二組のペアが巣作りを始め、交尾も確認。この日朝、沢木さんが昨年と同じペアの巣で、長さ約6・5センチの青みがかった卵1個を見つけたという。

 沢木さんらは早速、卵を孵卵器に移す一方、餌の量を増やすなどして、さらに産卵を促している。沢木さんは「(昨年誕生した若鳥の)ウッティーは大事に育て過ぎたせいか、他の鵜と一緒にすると小さくなっている。今回は複数のヒナを孵化させて一緒に育てたい」と意気込んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20150418-OYTNT50000.html

ttps://archive.today/BebPG
8年ぶり、新顔の鵜2羽デビュー 京都・宇治川の鵜飼【京都新聞2014年5月20日】
鵜匠びっくり、鵜が産卵 京都・宇治川【京都新聞2014年5月22日】
京都・宇治川鵜飼に夢の2世? 前例ない人工ふ化へ【京都新聞2014年5月27日】
鵜飼のウミウ産卵なぜ? 京都・宇治川「2世誕生なら快挙」【京都新聞2014年6月3日】
鵜飼ウミウのひな初公開 京都・宇治市観光協会【京都新聞2014年7月16日】
京都)愛称「うみうのウッティー」に 宇治川ウミウ幼鳥【2014年12月23日】
祝!ウのひな誕生記念!! 鵜飼の未来語るシンポ、宇治で開催【京都新聞2015年1月24日】
人工孵化のウミウ幼鳥「弟子入り」 カワウと競う 京都【朝日新聞デジタル2015年2月7日】(動画)
京都)ウミウのシンポ、幼鳥の飼育談など報告 宇治【朝日新聞デジタル2015年3月1日】(ウミウのウッティー)
京都)今年も卵産んでね 宇治川の鵜小屋に「巣」設置【朝日新聞デジタル2015年4月2日】(動画/ウミウのウッティー/既報ソース多数)

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: