2015年04月20日

宇治川の鵜連日産卵【YOMIURI ONLINE2015年4月20日】(関連ソース多数)

 宇治市観光協会が「宇治川の鵜飼い」のために飼育している鵜の卵が17日から3日連続で確認されている。鵜匠の沢木万理子さん(41)らが、初めて産卵した昨年の経験から鵜小屋に巣の材料となるわらや竹の小枝などを入れておいたところ、二組のペアが巣を作り、17日から交互に産卵し、19日も小屋で1個見つかった。

 産まれた卵は孵卵ふらん器に移し、巣には模型の卵を置いて鵜を安心させているという。孵化ふかするかどうかの見通しがわかるまでに20日ほどかかるといい、沢木さんは「どちらのペアも親鳥が元気なので、うれしいニュースが続きそう」と期待していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20150419-OYTNT50177.html

ttps://archive.today/vsBlR
2年連続!ウ、ウ、産まれた! 京都・宇治川鵜飼のウミウ産卵【京都新聞2015年4月18日】
8年ぶり、新顔の鵜2羽デビュー 京都・宇治川の鵜飼【京都新聞2014年5月20日】
鵜匠びっくり、鵜が産卵 京都・宇治川【京都新聞2014年5月22日】
京都・宇治川鵜飼に夢の2世? 前例ない人工ふ化へ【京都新聞2014年5月27日】
鵜飼のウミウ産卵なぜ? 京都・宇治川「2世誕生なら快挙」【京都新聞2014年6月3日】
鵜飼ウミウのひな初公開 京都・宇治市観光協会【京都新聞2014年7月16日】
京都)愛称「うみうのウッティー」に 宇治川ウミウ幼鳥【2014年12月23日】
祝!ウのひな誕生記念!! 鵜飼の未来語るシンポ、宇治で開催【京都新聞2015年1月24日】
人工孵化のウミウ幼鳥「弟子入り」 カワウと競う 京都【朝日新聞デジタル2015年2月7日】(動画)
京都)ウミウのシンポ、幼鳥の飼育談など報告 宇治【朝日新聞デジタル2015年3月1日】(ウミウのウッティー)
京都)今年も卵産んでね 宇治川の鵜小屋に「巣」設置【朝日新聞デジタル2015年4月2日】(動画/ウミウのウッティー/既報ソース多数)

posted by BNJ at 12:16 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: