2015年04月25日

タンチョウや植物観察しよう 29日、県自然保護センター【山陽新聞デジタル2015年4月25日】(岡山県)

 岡山県自然保護センター(和気町田賀)は29日午前10時から、鳥や植物の観察会「人とみどりと野鳥のつどい」を同センターで開く。

 同センターで飼育している国の特別天然記念物・タンチョウのほか、キビタキ、シジュウカラといった野鳥を観察する鳥班か、サクラソウ、リュウキンカなどの山野草や樹木を見学する植物班かを選択。同センター職員らの説明を聞きながら1時間40分ほど散策する。

 参加者には、キンモクセイの苗木またはペチュニアなど3種類の花の苗セットなどをプレゼントする。希望者を対象にした小鳥の巣箱作り(先着50人)と綿菓子作り(同150人)の催しもある。

 参加無料。事前申し込み不要。問い合わせは同センター(0869−88−1190)。
(2015年04月25日 09時33分 更新)
http://www.sanyonews.jp/article/165266

ttps://archive.is/fdgf9

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: