2015年04月27日

ズーラシア:カンムリセイラン死ぬ /神奈川【毎日新聞2015年4月27日】

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)は、国際自然保護連合のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているキジの仲間「カンムリセイラン」の雄が死んだと発表した。

 このカンムリセイランはズーラシア生まれとしては3世代目で、2013年4月に誕生した。順調に成長していたが、今月に入り真菌感染が判明。血便や食欲不振などの症状が出て、一時は回復傾向にあったものの、体調が急変し、今月19日に死んだ。

 カンムリセイランは、東南アジアのジャングルに生息するキジの仲間。ズーラシアで飼育されているベトナム産の亜種は野生では50年以上も目撃例がなく、1990年代にようやく再発見された珍しい鳥だった。国内ではズーラシアに13羽、野毛山動物園(西区)に1羽いるのみだという。【飯田憲】
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20150427ddlk14040187000c.html

ttps://archive.is/yRJhz

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: