2015年04月29日

野鳥観察楽しむ丸太道…守谷【YOMIURI ONLINE2015年4月29日】

丸太を組み上げた「鳥のみち」でボランティアから説明を受ける人たち(28日、守谷市本町で)
 ◆地元住民ら組み上げる

 森林や湿地が約30ヘクタールにわたって広がる守谷市本町の「守谷城址じょうし・野鳥の森周辺」地区で28日、地元住民らが丸太を組み上げるなどして作った約1・6キロの散策路「鳥のみち」が完成した。一帯ではオオタカなど約10種類の猛禽もうきん類を始めとした野鳥を見ることができるほか、水路ではメダカやザリガニなども観察できるという。

 市街地に近い貴重な自然環境を保護し、多くの人たちに親しんでもらおうと、市観光協会が会員やボランティアらと昨年7月から整備。木道部分だけで計約780メートルになる。丸太の隙間に樹皮やおがくずを詰める仕上げの「舗装」には、近くの市立守谷小学校、愛宕中学校の児童・生徒も参加した。

 この日の完成披露会では、同協会の作部屋義彦会長(78)が「この自然環境が守谷の財産。守り、育てていくことが大切だ」とあいさつ。愛宕中の全校生徒でつくる「野鳥の森少年団」の団長で3年の小島紀継君(14)は「自分たちも手伝ったので、完成は本当にうれしい。ここでたくさんの活動をしていきたい」と述べた。

 地区南側ではこれまでに、「守谷野鳥の森散策路」が整備されている。北側の鳥のみちの完成に伴い、地区内を歩いて巡回できる計約4キロのルートが形成された。

 整備に参加した元小学校長、池田昇さん(65)は地区で野鳥の資料館を運営しており、「生態系の頂点にいる猛禽類が活発なのは、餌となる自然がそれだけ豊かだということ。大事に守り、引き継いでいきたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20150428-OYTNT50348.html

湿地帯結ぶ遊歩道 守谷に「鳥のみち」完成【茨城新聞2015年4月29日】
鳥のみち(手前)の完成を祝い、テープカットする関係者ら=守谷市本町
守谷市の市街地に近い湿地帯に整備が進められていた「守谷城址・野鳥の森接続自然歩道(鳥のみち)」が完成し、28日、関係者ら約100人が同市本町で披露会を行った。

「鳥のみち」は、市街地付近の湿地帯約30ヘクタールを縦断する形で約1・5キロの遊歩道が設置されており、野鳥や四季の自然を楽しむことができる。出入り口も複数箇所用意され、体調や体力に合わせた利用が可能だ。

また、守谷野鳥の森の散策路とも連結され、接続市道も含めると、約4キロの遊歩道ネットワークとなった。

事業を行った市観光協会の作部屋義彦会長(78)は、「非常に長い旅だったが、皆さんのおかげでたどり着けた。鳥のなわばりにわれわれが少し入れてもらう形。鳥との共生につながればいい」とあいさつ。

市立愛宕中の小島紀継さん(14)は「これだけ緑が多いのは貴重。近くでコゲラを見たこともあるので楽しみたい」と話した。

披露会の最中には、絶滅危惧種の猛禽(もうきん)類・サシバが会場上空に飛来し歓声が上がる一幕もあった。(石川孝明)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14302202660751

野鳥の森散策路:市民ボランティア手作り 守谷に完成 /茨城【毎日新聞2015年4月29日】
 守谷市本町に広がる湿地帯で、市観光協会の市民ボランティアらが手弁当で建設していた散策路「鳥のみち」が仕上がり、28日、完成披露会があった。スギの丸太を組み、樹皮とおがくずを敷き詰めた木道は、野鳥や生態系の観察に最適。昨夏から60〜70代の男性たちが軸となって汗を流し、市民の憩いの場を作り上げた。

 開通したのは市立守谷小学校西側の新ルート903メートル。これにより守谷城址から市立愛宕中学校まで総延長約4キロの巡回型「守谷野鳥の森散策路」がつながった。地元の「小さな鳥の資料館」館長の池田昇さん(65)によるとサシバ、ノスリなど40種ほどの野鳥が飛来する。

 披露の最中、2羽のサシバが完成を祝うように上空をゆっくりと旋回。同協会の作部屋(さくべや)義彦会長(78)は「鳥の縄張りにちょっと入れていただき、楽しい時間を過ごしたい」と述べた。木道作りを手伝った愛宕中・野鳥の森少年団の小島紀継団長(3年)は「たくさんの人に足を運んでほしい」とあいさつした。【安味伸一】
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20150429ddlk08040102000c.html

ttps://archive.is/7x5Sf
ttps://archive.is/aOyHX
ttps://archive.is/s7Dgt

posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: