2015年04月29日

栃木)渡良瀬遊水地近くにコウノトリが飛来【朝日新聞デジタル2015年4月29日】(既報別ソースあり)

渡良瀬遊水地近くの水田の上を飛ぶコウノトリ=海老沼時男さん撮影

 渡良瀬遊水地にほど近い小山市生井地区の水田で25日午後5時35分ころ、国の特別天然記念物のコウノトリ1羽が舞い降りているのを、近くに住む海老沼時男さん(61)が見つけて撮影した。

 時男さんは、柔道の海老沼匡選手の父。自転車で帰宅途中に目撃し、「いったん飛び立ったところを携帯電話のカメラで2枚撮った。その後も、ワシかタカに追われるなどしながら地上に2度降り立った」と話す。

 市は遊水地周辺にコウノトリなどが訪れる環境作りを進めている。「コウノトリ・トキの舞うふるさとおやまをめざす会」の浅野正富会長は、「昨年10月にもコウノトリ7羽が飛来しており、半年に2度目になる。遊水地の湿地再生が進み、珍しい鳥たちにとっても魅力ある場所になりつつあるのだと思われ、今後も見られる可能性が高い」と話す。(平井隆昭)
http://www.asahi.com/articles/ASH4V5T81H4VUUHB00B.html

ttps://archive.is/rIzx7
コウノトリ:飛来を確認 小山市 /栃木【毎日新聞2015年4月27日】

posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: