2015年05月02日

ルリカケスの水浴びを激写した 奄美大島・龍郷町【西日本新聞2015年5月2日】

【写真1】自慢の瑠璃色の羽を広げ、水に入ろうとするルリカケス=鹿児島県龍郷町

【写真2】水に入り、瑠璃色の羽を振るわす

【写真3】水浴びした直後、瑠璃色の羽を震わせて水を切る

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)の「奄美自然観察の森」では、国の天然記念物ルリカケスが水浴びをする珍しい姿が観察できる。繁殖期の5月は水浴びをする回数が多くなるといい、その瞬間をカメラに収めようと、全国から野鳥愛好家が訪れている。10日から愛鳥週間−。
 ルリカケスは体長約40センチ。奄美の固有種で瑠璃色の羽が美しい。水浴びの場所はイタジイなどの亜熱帯照葉樹に囲まれた池だ。辺りを警戒しながら羽を広げて水に漬かったら、瞬く間に森の中に飛び去った。
 この森は約20年前にオープンした。3・69ヘクタールの広さで奄美での野鳥観察の定番コースになっている。
=2015/05/01 西日本新聞=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/166438

ttps://archive.is/tDm0h

posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: