2015年05月03日

札幌・平岡公園の梅林、異変 渡り鳥「ウソ」花芽の7割食う 少雪影響か【どうしんウェブ2015年5月3日】

ウソに花芽が食べ尽くされた紅梅の「基準木」の枝
 梅の名所として知られ、一部が満開を迎えている札幌市清田区の平岡公園で今年、花芽が渡り鳥の「ウソ」に食べられる被害が深刻化している。被害を受けた花芽は例年の2倍以上の約7割に上る。紅梅は「基準木」が被害を受け、開花や満開などの判断が困難な状態。この冬の少雪で、花芽が食べやすい状況になったことなどが影響しているとみられ、同公園管理事務所は「これだけひどい年は初めて」と頭を抱えている。

 同公園は、約6・5ヘクタールの梅林に白梅と紅梅計約1200本が植えられている。今年は例年より約2週間、過去2番目に早い4月25日に白梅が開花し、満開に。紅梅も咲き始めており、来園者にとっては、紅白の対比を楽しめる見ごろを迎えている。

 しかし、今年は花芽がなく、花が咲いていない木々が目立つ状況。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0130153.html

ttps://archive.is/AUQR8

タグ:鳥害 ウソ
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: