2015年05月07日

鳥取)県内30施設 連携して特典【朝日新聞デジタル2015年5月7日】(米子水鳥公園ほか)

◆博物館や美術館 来館増へ

 県内の博物館や美術館、資料館でつくる県ミュージアム・ネットワークは、加盟施設の入館券や年間パスポート、会員証を提示すれば入館料を割り引くなどするサービスを始めている。来館者を増やす取り組みで、加盟48施設中、30施設が参加している。

 県立博物館や倉吉博物館、米子水鳥公園のネイチャーセンターなどは常設展示の入館料が個人でも団体料金になる。日南町美術館では、町の公式キャラクター「オッサンショウオ」のクリアファイルを贈る。ネットワーク事務局のある県立博物館学芸課の担当者は「負担にならない程度のサービス。参加施設を増やし、長く続けたい」。

 参加施設は県立博物館のホームページ(http://site5.tori−info.co.jp/p/museum/link/1/)で紹介している。 (古源盛一)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1505073200002.html

ttps://archive.is/PUkn7

posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: