2015年05月11日

オシドリの写真30点 明石市の写真家が作品展【神戸新聞NEXT2015年5月11日】

オシドリの写真を展示している佐藤さん=明石市立図書館
 写真家の佐藤光俊さん(73)=兵庫県明石市松が丘2=による鳥の写真展「オシドリの楽園 五七語詠んでまた鳴く…♪」が、市立図書館郷土資料室(明石公園)で開かれている。松ケ池(神戸市垂水区)で撮影したオシドリの写真30点を紹介している。

 佐藤さんは、明石市教委と連携して同館で写真展を15年開催。ほぼ半年ごとに展示内容を変えており、小鳥をテーマにした作品展は4回目となる。

 今回は、昨年11月から今年4月まで同池でオシドリを撮った中から選んだ。オシドリは夜行性で昼間はほとんど姿を見せないが、週4、5回通ううちに習性や暮らしぶりが分かるようになり「深追いしなければ仲良くなれる」と感じながら撮影したという。

 「オシドリ夫婦という言葉があるように、仲のよいイメージがある鳥。人間の姿に重ね、物語性を意識した」と佐藤さん。作品には鳥の動きを題材に詠んだ川柳を添えており、羽を広げた写真は指揮者に例え「シンフォニー」、複数並んで泳ぎ水面に線をひいたような跡が入ったものは「スタートライン」と表現した。

 佐藤さんは「写真は語るようなものでなければならないと考えている。オシドリが繰り広げる世界を楽しんでほしい」と話している。

 10月31日まで、月曜と第3火曜、5月18〜27日は休館。同館TEL078・918・5800

(金山成美)
http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201505/0008016269.shtml

ttps://archive.is/vHyif

posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: