2015年05月13日

世界最小のペンギン:3羽お目見え 白浜・アドベンチャーワールド /和歌山【毎日新聞2015年5月13日】(フェアリーペンギン)

 白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」が、世界で最も小さい種類のフェアリーペンギン3羽の公開を始めた。国内では4施設で飼育しており、近畿では同園だけ。世界最大のエンペラーペンギンと合わせて飼育するのは同園のみという。

 フェアリーペンギンは主にオーストラリア南部やニュージーランドに生息する。3羽は20日に東京都の葛西臨海水族園から譲り受けた。1、3、12歳でいずれも雌、体長約30センチ、体重700グラム〜1キロ。アドベンチャーワールドは「ここでは世界に生息する18種のペンギンのうち8種を飼育している。世界最大と最小のペンギンを見比べに来園して」と話している。【野原隆】
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20150513ddlk30040435000c.html

ttps://archive.is/BONie

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: