2015年05月30日

カルガモ親子優雅に滞在【YOMIURI ONLINE2015年5月30日】(既報1ソース)

親の周りで泳ぎ回るヒナ(大津市で)
 ◇大津のホテル今年もヒナ

 大津市萱野浦、「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」の中庭で、今年もカルガモのヒナが生まれた。フワフワの羽毛をまとって慣れない足取りで歩く姿が人気を集めている。

 野生のカルガモで、同ホテルでの子育ては9年目。昨年は50羽が生まれた。

 今年は4月に庭園「モネズガーデン」の茂みで、親鳥が産卵準備に入っているのを確認。今月27日以降、15羽が生まれた。抱卵中の親鳥も2組おり、6月頃までベビーラッシュが続く見込み。

 ヒナは親鳥を追って動き回ったり、日なたでうたた寝したりし、すくすくと成長。7月初旬には巣立つといい、ホテルの担当者は「今が一番かわいい時期。気軽に見に来てほしい」と話している。

 期間限定で特製の「カルガモドーナツ」も販売している。問い合わせは同ホテル(077・543・0111)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20150529-OYTNT50239.html

愛らしいカルガモのひな誕生 大津【中日新聞2015年5月29日】
草むらで身を寄せるカルガモの親子=大津市萱野浦で

 大津市萱野浦のロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズの中庭で27〜28日、カルガモのひな14羽が誕生した。親ガモについて回ったり草むらで休憩したりする姿が、宿泊客らを和ませている。

 他に2組のつがいが抱卵しており、近くふ化する見通し。近所の主婦安福きみ子さん(80)は、ひなの愛らしい様子に「かわいい姿に心がほっこり」と優しいまなざしを向けていた。

 2007年から毎年この時期にカルガモが来ており、2カ月ほど子育てをした後、巣立っていくという。

(中村千春)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20150529/CK2015052902000005.html

ttps://archive.is/Psvwg
ttps://archive.is/xmHRR

タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: