2015年05月29日

「薩摩黒鴨」開発 日本有機と鹿児島大【373news.com2015年5月29日】

 有機肥料や健康食品を製造販売する日本有機(曽於市)は鹿児島大学農学部とカモの新しい交配種「薩摩黒鴨(がも)」を開発した。生産から加工販売まで手掛けている「薩摩鴨」と比べ、肉量が1.5倍増えたのが特徴。現在飼養している約800羽の量産化を図り、主に鍋料理などの食肉用に販売する。
黒牛、黒豚、黒さつま鶏に続き開発された「薩摩黒鴨」。羽全体が黒で覆われている=曽於市末吉の日本有機
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=66744

ttps://archive.is/KxdnB

posted by BNJ at 23:40 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: