2015年05月31日

高知市の野鳥写真家・和田剛一が「撮影バイブル」を出版【高知新聞2015年5月31日】

 野鳥写真家の和田剛一さん(66)=高知市土佐山=がこのほど、「野鳥撮影のバイブル」(玄光社)を刊行した。写真をふんだんに使い、約40年の経験を交えながら心構えやテクニックを指南している。

 和田さんは全国各地で野鳥を撮影。2009年からは2年間にわたり、高知新聞夕刊に「鳥たちの日々」を連載した。

 5章構成で、テーマは「追って逃げられる撮影法からの脱却」。鳥の表情を読むことが重要としてオオコノハズクの写真を例示。「不快」「平静」など4種類の表情を並べ、「鳥にも人と同じ感情がある。彼らの表情を見逃すと、撮影チャンスも逃すことになる」と強調している。

 このほか、逆光条件では、被写体が露出アンダーにならないようにスポット測光で、プラス補正する▽初心者は森に行かず、都会の公園で人慣れした鳥を狙う▽望遠レンズではなく、広角レンズで撮ってみる―などの手法をアドバイスしている。

 和田さんは「読んだからといって、すぐにいい写真が撮れるわけではない。これまでの写真の質を変えたい人のヒント集になっている」と話している。

 A4判130ページで1800円(税別)。県内の書店で販売している。 

【写真】まなじりを上げたオオコノハズク。不快な表情(=左)平静な状態(=中)、「野鳥撮影のバイブル」(玄光社)=右
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=338647&nwIW=1&nwVt=knd

ttps://archive.is/BSBM9

野鳥撮影のバイブル (玄光社MOOK)

新品価格
¥1,944から
(2015/5/31 22:07時点)



SING 和田剛一野鳥同棲記

新品価格
¥2,916から
(2015/5/31 22:08時点)



野鳥のくらし (生きものROM図鑑)

新品価格
¥4,860から
(2015/5/31 22:08時点)



タグ:書籍
posted by BNJ at 22:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: