2015年06月19日

サンピアザ水族館の生き物イメージ CD、DVD、絵本できた 27日にお披露目コンサート【どうしんウェブ2015年6月19日】(ペンギン)

27日お披露目されるサンピアザ水族館の生き物をイメージした絵本とCD
 札幌市厚別区のサンピアザ水族館(厚別中央2の5)で飼育している生き物をイメージした曲のCDとDVD、絵本が完成し、27日にお披露目される。水族館を運営する札幌副都心開発公社が制作したもので、道内の芸術家たちがペンギンやカワウソ、アザラシなどを題材に仕上げた。同公社は「マチのにぎわいづくりに役立てたい」と話し、新たな名物にしたい考えだ。

 「組曲 水族館物語〜サンピアザの愉快な仲間たち」と題するCDは全11曲。生き物の種類ごとのテーマ曲になっており、作曲と演奏は伊達市のピアニスト太田亜紀子さん(34)が担当した。太田さんは水族館で50時間以上過ごし、魚や来館者の様子を観察しながら作曲したという。DVDは「組曲」に合わせて、胆振管内洞爺湖町の写真家田中正文さん(55)が撮影した水族館の映像が流れる。

 絵本「すいぞくかんものがたり」は、イシダイが水族館の生き物たちに手紙を届ける、ほのぼのとしたストーリー。文と写真を田中さんが担当。写真に伊達市のイラストレーター柳瀬美保さん(52)がデザインした背景などを組み合わせた。「音読して楽しめるよう擬音を使い、五音や七音になるようこだわった」と田中さん。

 27日は太田さんらが出演し、完成記念コンサートを複合商業施設サンピアザ1階「光の広場」で開く。午前11時と午後2時からで、入場無料。水族館内でも午後7時から開催するが、こちらはすでに募集を締め切っている。CD(1500円)、DVD(1800円)、絵本(千円)は同日から水族館内などで販売する。問い合わせはアークシティ総合案内(電)011・890・2111へ。(山村麻衣子)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0147415.html

ttps://archive.is/Pxh7g

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: