2015年06月23日

アイガモ放ち、米づくり あさぎり町で児童体験【くまにちコム2015年6月23日】

アイガモのひなを水田に放す免田小の児童たち=あさぎり町
 あさぎり町の体験イベント「マイ球磨焼酎つくり」の原料米を栽培するあさぎり町深田南の水田一帯に23日、アイガモのひなが放たれた。町内の免田小の児童が手伝いに訪れ、100羽をイネの苗の中へ送り出した。

 体験イベントは、球磨焼酎のPRなどを目的に、あさぎり町の酒店や蔵元でつくる「あさぎり銘酒会」(奥添昭典代表)と町グリーン・ツーリズム研究会が企画した。9回目の今期は県内外の約80人が応募し、焼酎のオーナーになった。

 米づくりでは農薬を使わず、アイガモに雑草や害虫を食べさせる農法を続けている。この日は、食育の一環で免田小5年の58人が参加。ピーピーと鳴くひなを「かわいい」と優しく抱きかかえ、田植えが済んだばかりの水田に放した。

 オーナーは10月に稲刈り、来年2月に蔵元で仕込み作業を体験。焼酎は一升瓶700本分が出来上がる見込みという。(内海正樹)
http://kumanichi.com/news/local/main/20150623004.xhtml

ttps://archive.is/AfN93

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: