2015年06月25日

絶滅危機のインコ公開 東松山・こども動物自然公園、仏から仲間入り【埼玉新聞2015年6月25日】

フランスのボーバル動物園から仲間入りしたヒワコンゴウインコ(こども動物自然公園提供)
 東松山市のこども動物自然公園に、フランスのボーバル動物園から「ヒワコンゴウインコ」2羽(雌雄各1羽、3歳)が仲間入りし、なかよしコーナーで公開されている。

 ヒワコンゴウインコは中南米に生息する体長1メートル、体重1・2キロにもなる大型のインコ。生息地での環境破壊や乱獲で絶滅の危機にひんしている。

 日本動物園水族館協会では国際的なヒワコンゴウインコの飼育下での保全に協力しているが、国内では一組のつがいから繁殖した子孫35羽しかいない。

 このため国内のヒワコンゴウインコの新しい血統を導入するために同協会や国際血統登録担当者に相談し、2羽の仲間入りが実現した。同園のヒワコンゴウインコは4羽になった。

 また同園では30日まで、オウム・インコキャンペーンを実施している。環境破壊や乱獲が原因で絶滅の危機にある世界のオウムやインコの仲間を知り、むやみにペットとして捕獲することに対する危険性を伝えることが目的。

 期間中、オウム・インコの塗り絵や、オウム・インコのグッズ(衣服、カバン、キーホルダーなど)を着けた来園者にインコ缶バッジをプレゼントしている。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/06/25/09.html

ヒワコンゴウインコ:きょうから公開 東松山・県こども動物公園 /埼玉【毎日新聞2015年6月13日】
 県こども動物自然公園(東松山市岩殿)に中南米に生息する大型のインコ「ヒワコンゴウインコ」2羽=写真・同園提供=が仲間入りし、13日から「なかよしコーナー」の大型インコ舎で公開される。

 ヒワコンゴウインコはコロンビアやコスタリカなどの熱帯雨林に生息する。体長は1メートル近く、体重も約1・2キロにもなり、果実や木の実を食べる。全身はほぼ黄緑に近いひわ色で、額は濃い赤色。ペットとして捕獲されたり、環境が破壊されたりして絶滅の危機にひんしている。

 国内の動物園で飼育されているのは一つのペアから繁殖した子孫の35羽だけで、同園にも雌2羽だけ。このため同園は国内のヒワコンゴウインコに新しい血統を導入しようと、フランスの動物園から2歳11カ月の雄と雌各1羽を譲り受けた。

 雄は人間で言えば中学生くらいとまだ若く、同園は数年後の繁殖を期待している。問い合わせは同園(電話0493・35・1234)。【中山信】
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20150613ddlk11040160000c.html

ttps://archive.is/55Yxq
ttps://archive.is/9oC61

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: