2015年07月01日

恐竜ロボを先行公開 「すごい迫力」 18日から特別展【YOMIURI ONLINE2015年7月1日】(羽毛恐竜の世界展〜羽毛をもった恐竜と鳥類への進化〜/熊本県)

ティラノサウルスの復元ロボットを写真に収める恐竜ファンら
 御船町の町恐竜博物館で7月18日に開幕する特別展「羽毛恐竜の世界展〜羽毛をもった恐竜と鳥類への進化〜」(御船町恐竜博物館、読売新聞社、KKTくまもと県民テレビ主催)を前に、展示の目玉の一つ、ティラノサウルスの復元ロボットが30日、恐竜ファンらに先行公開された。

 特別展は化石標本やジオラマなどを通して、羽毛恐竜の起源や進化を紹介。先行公開では、羽毛で覆われた全長9メートルの復元ロボットを実際に動かしてみせた。岡山県浅口市の矢部充恵さん(63)は「大きいだけに迫力がすごかった」と驚いていた。

 特別展は9月6日まで(会期中無休、午前9時〜午後5時)。観覧料は大人1100円、高校・大学生800円、小・中学生400円。前売り券は各100円引き。問い合わせは、同博物館(096・282・4051)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20150630-OYTNT50091.html

ttps://archive.is/ltxz0

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: